品川区議会「品川上空を低空飛行する新ルート『見直し』を求める決議」採択!/一方で、『反対』を明確化した議員提出議案は賛成少数で否決!

2019年3月27日 19時12分 | カテゴリー: トピックス

羽田新飛行ルートは容認できないとして、全議員が見直し決議を起立で賛成した。(2019.3.26本会議場)

品川区議会第1回定例会最終日の3月26日、区議会として品川上空を低空飛行する新飛行ルート計画の見直しを求める決議を全会一致で採択しました。

都心上空を低空飛行するこの計画は、騒音による健康被害や落下物による命の危険に繋がる不安、市民生活を脅かしかねない様々な問題をはらんでいます。計画発表以来、市民は計画の白紙撤回を求めて連帯し、品川区や区議会に働きかけてきました。今回の議会という意思決定機関が、計画の見直し決議を行ったことは、粘り強い市民運動の成果です。

濱野区長は、議会質疑でも羽田問題については直接答弁は避けてきました。しかしながら市民の多くの反対意見に加え、区民の負託を受けた議員総意のこの計画見直し議決を真摯に受け止め、国土交通省に対して計画の見直しを品川区区長として強く求めるべきことは当然です。

最終議会を迎えるまでに議会では様々な動きがありました。
『羽田新飛行ルート計画を容認できない』という内容ですが、決議案が2つ出されました。

議員提出議案第1号「品川上空を飛行する羽田新飛行ルート計画に反対する決議」
議員提出議案第2号「品川上空を飛行する羽田新飛行ルート計画に関する決議」

どちらも内容は「新飛行ルートは容認できず、つまり反対」というものですが、決議案のタイトルは『反

第1号議案に賛成討論をする生活者ネットの吉田ゆみこ

対』が入るか入らないかです。
品川・生活者ネットワークはこの都心低空飛行ルート計画が発表されて以来一貫して白紙撤回を求めてきました。今回の決議にも1号議案に田中さやかが提出者に名を連ね、賛成討論を吉田ゆみこが行いました。一方、同2号議案は、生活者ネット、共産党会派が全会派一致で決議文を提出しないかと働き掛けたのに対して、「反対までは言えない」として別に自民・公明・国民民主が提出したものです。

議会棟5階の傍聴席は羽田新飛行ルート決議の行方に関心を持つ市民でいっぱいでした。2号議案の賛成討論を行った、自民・公明・国民民主の各会派議員は、一様に『計画は容認できない』と明確に発言していました。しかし反対の文言のある1号議案には賛成することはありませんでした。
1号議案吉田ゆみこの賛成討論

NHKが取材しており議会傍聴席にカメラが入っていました。NHKでは3月26日当日の夜に、議員提出第2号議案「品川上空を飛行する羽田新飛行ルート計画に関する決議」が全員一致で採択されたことを報道しました。
すべての会派が『計画は容認できない』という意思を示したこと、そして繰り返しになりますが、区議会という意思決定機関が計画の見直しを求める決議を採択したことに大きな意味があります。新飛行ルート計画を白紙撤回に持ち込む市民運動が1歩前進したことは紛れもない事実です。生活者ネットワークは、まちづくりの主体者である市民が政策や制度の決定にかかわる市民政治の実現をさらに目指します。

品川・生活者ネットワーク
代表 井上八重子