第17回 東日本大震災子ども支援意見交換会のご案内

2018年3月6日 12時20分

東日本大震災から丸7年を迎えようとしています。被災した子どもたちが大人になり、親になる時期も迎えています。震災から丸7年子どもたちの支援を行ってきた東日本大震災子ども支援ネットワークが主催する継続的な支援の取り組みを報告する院内集会です。震災を経験した高校生・大学生の話を聴きながらこれからの継続した子ども支援の在り方について、東日本大震災から8年目を迎える日に子どもたちと一緒に考えます。

2018年3月8日(木)11時~13時
衆議院第一議員会館 多目的ホール

プログラム
1.8年目の子ども支援に求められる視点と課題
森田明美(東日本大震災子ども支援ネットワーク事務局長 東洋大学)
2.被災地での20年子ども・若者支援の活動の立ち上げ
足立智昭(東日本大震災子ども・若者支援センター代表理事、宮城学院女子大学)
3.成人になった被災地の若者たちの活動
南三陸町等で被災した子どもたちprojectM
4.被災地での高校生たちの活動
山田町ゾンダハウスZOOcafe
5.被災地における子ども・若者支援活動
ひとり親家庭支援(郡山市)、若者支援活動(南相馬市予定)
6.関係省庁からの報告
復興庁・厚生労働省・文部科学省・内閣府(予定)
7.意見交換

司会進行:森田明美(東日本大震災子ども支援ネットワーク事務局長 東洋大学)
荒牧重人(東日本大震災子ども支援ネットワーク運営委員 山梨学院大学)

<主催>東日本大震災子ども支援ネットワーク
<協力>東洋大学福祉社会開発研究センター事務局:東洋大学白山校舎2号館608号森田明美研究室
TEL・FAX03-3945-7481 E- mail:info@shinsai-kodomoshien.net