第二回定例議会が終了しました。

2017年7月21日 19時08分 | カテゴリー: トピックス

7月19日に最終本会議が行われ、今年の品川区第二回定例議会は終了しました。

羽田関連の請願・陳情に賛成討論をする吉田ゆみこ。品川区上空を低空飛行する航路変更について、2015年からこれまで11本の請願・陳情が区民から出されていたがずっと継続審議のままだった。

◆議案審議

今回提出された議案は全部で32件。条例議案が7件、計約議案が8件、予算議案が1件、報告が16件でした。品川生活者ネットワークは、今回諮られた議案についてはすべて賛成をしました。

◆一般質問

今議会では初日の本会議で、吉田ゆみこが一般質問を行いました。質問項目は以下の通りです。

1.次期障害者福祉計画策定に向けて、現施策の課題洗い出しと障害者総合支援法および障害者差別解消法により求められる自治体の責務実現について。

2.日常生活支援総合事業(品川区総合事業)における支え愛・ほっとステーションの機能充実について。

3、羽田増便計画についての国交省の説明に向き合う品川区の姿勢を問う。

詳細については、今後発行予定の品川・生活者ネットワークニュース104号と吉田ゆみこのHPで順次ご報告していく予定ですので、そちらをご覧ください。

また、品川区議会ホームページの「インターネット中継」からもご覧いただけます。本会議終了後おおむね1週間で録画配信されます。

◆賛成討論

今議会で審議された請願・陳情で、委員会では不採択とされたものの内2本について最終本会議で賛成討論(不採択ではなく採択をしましょうと呼びかける弁論)を行いました。 「羽田増便計画に伴う航路変更案についての請願と陳情計11件」については吉田ゆみこが、「認可保育園入園のための制度改革」については田中さやかが行いました。