安倍内閣の集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対!

2014年7月2日 11時28分 | カテゴリー: トピックス

6月30日、生活者ネットワークメンバーが抗議に結集。品川ネットメンバーも駆けつけました。

集団的自衛権行使容認・憲法解釈変更が、190超の地方議会からの意見書による批判、市民・国内外のNGO/NPOからの批判、連日連夜の首相官邸前抗議にもかかわらず、閣議決定されました。

3.11東日本大震災、続く原発過酷事故を経験して、今度こそ環境・平和・命と人権を大切にするあたらしいまちづくり・国づくりが始まることを市民・国民は希求したはずでしたが、3年余を経て今、この国の大きな変化がこのような形で進行しているとは、本当に驚きです。戦後日本の世界に誇る憲法9条を「閣議決定」でなし崩し、いつでも戦争のできる国にしようとする一握りの勢力の、これまで禁忌としてきた軍需産業を、核・原子力産業をも含めて経済成長の柱に据えようとする勢力の、踏み込んではいけない危険な一歩が、いま踏み出されようとしています。

この事態に、生活者ネットワークの議員・メンバーらも呼びかけ人として参画する、「自治体議員立憲ネットワーク」は7月1日衆議院第二議員会館に共同代表の西崎光子都議・市来とも子杉並区議を始め都内各地より多数の会員が集い、緊急記者会見を行い、安倍内閣の集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対する声明を出しました。
安倍内閣の集団的自衛権行使容認の閣議決定に反対する声明