市民が考える「防災ゼミ」第2回講座 報告

2012年7月25日 11時44分 | カテゴリー: トピックス

7月21日、荏原第4地域区民センターにおいて『ワークショップで考える防災の課題』と題し、第2回「防災ゼミ」講座が開かれました。2時間という短い時間でしたが、2グループに分かれ2回のワークショップを行いました。
ワークショップ1回目:災害が起きた時不安なこと・心配なことを出し合い、項目分類した後深めたいテーマを決める。
ワークショップ2回目:選んだテーマで課題を掘り下げ、自分で解決可能なもの・仲間と解決可能なもの・行政にやってほしいことに分ける。
2グループとも、選んだ重点テーマは、「避難所について」。
自治体に任せるのではなく市民と行政の双方で考えなければいけないテーマが絞り込まれました。

参加者からは、
・自分の事に関係したことで「防災」を考えていたが、おかれている状況によってさまざまな課題があることを知った。
・そなエリア見学会、今回のワークショップに参加し、防災を見直しするきっかけとなった。など意見が寄せられました。

このような、生活の中での気づきが政治へ第1歩であるという思いこそ、生活者ネットの政治のあり方そのものです。今後とも多くの方の参加をお待ちしています。

第3回の講座(後日、詳細をお知らせします)
日時:8月18日(土)午前中 
内容:①品川区防災課とのヒアリング ②学校避難所または防災公園視察を予定しています。
参加費:5回を通して500円