「原発」都民投票条例制定へ 323076人の連署を、東京都知事へ条例制定請求

2012年5月11日 12時16分 | カテゴリー: トピックス

都知事も、都議会議員もぜひ、この重みを考えてほしい

積み上げられた、ひとりひとりの思いの詰まった160箱の段ボール。
積み上げられた、ひとりひとりの思いの詰まった160箱の段ボール。
 寒さが厳しかった昨年12月から集められた323,076人分の署名簿(段ボール160箱)を5月10日、東京都知事へ提出しました。この本請求の立ち合いに集まった市民は約300名。この市民運動の事務局を担った生活者ネットワークのメンバーも、この本請求に参加しました。

積み上げられた署名簿の前で請求代表者の一人が「東京電力管内の原子力発電所の稼働に関する東京都民投票条例制定請求に関して」の文書を読み上げました。

残念ながらこれらを受け取ったのは都の職員で、都知事の姿はありませんでした。
都知事は意見書を添えて議会にかけることになりますが、住民投票に否定的なため、条例制定実現は厳しいといわれています。決定をする都議会議員には、政治的な判断ではなく、原発再稼働の是非を設置自治体の判断だけで決めてしまうのではなく、電気を使う都民として関与する責任と権利があるという都民の思いを真摯に受け止め、議論を重ねて結論を出してほしいと思います。